エアーの組成って気圧にあたって勉強していました

空気などに対して学校しました。スチームって二酸化炭素は微少ですが、現在の地表の状況構築に大きな役割を果たしていらっしゃる。80kmより高くなると小気味よい原子・分子の割合が継ぎ足し、170kmから上空では酸素原子(O)が、1000kmから上空ではヘリウムが多くなります。空気は重力を通じて地表にひきつけられていらっしゃる。ごと面積に来る空気の重さが気圧だ。1643カテゴリー、イタリアのトリチェリーは約76cmの水銀柱の重さがおんなじ断面積のムード柱の重さに等しいことを発見しました。こういう水銀柱76cmの負荷を1気圧(1atm)といいます。1気圧は1013hPa(ヘクトパスカル)だ。また、水銀柱の高さをもちまして気圧のがたいとして、1気圧=760mmHgって描き出すこともあります。とある周辺での気圧は、その周辺によって上に居残る空気の重さであるから、上空に出向くほど気圧は低くなります。このようなことを学校しましたが、知らないことを知れて良かったです。