玉ねぎつめ放題について考えてみた私の答え

先日、アルティメットに行ったときに個人がむらがっていたのでちょっとのぞいてみるとそこでは「玉ねぎの詰め込み放題」をやっていました。夫人の個人が、楽しそうに(必死の個人もいました)詰め込み放題をしていました。袋いっぱいに詰めてある外観は私もやってみたいなとおもうほどでした。しかし、わたしは同年代の友人の中ではケチな者なのでほんのり考えました。実際玉ねぎ詰め込み放題はお得なのかということです。私の住居は、まだまだ1年齢の乳幼児とダディーの3個人ライフサイクルだ。頑としていって玉ねぎは一回に取り扱う件数は半タマだ。そういう私たち所帯に詰め込み放題の分ほど必要なわけありません。つまり、数多く買ってしまうとあまってしまう。玉ねぎなんてなんでも夕食に取り扱うからあれば困らないと思うかもしれませんが、それが罠だとわたしは思っています。その日、またはその週間に必要な食物しか買わない主義のわたしはあれば取り扱うだろうという考えは欠けるのです。ですから、本当は詰め込み放題に挑戦してみたかったけれどもっとこらえて内売りの玉ねぎを買いました。そんな演説を、ミールらダディーにしたら「お前はケチど根性が相応しい」と笑ってくれました。でも、ほんとうに得なのは実に何れなのでしょう。大所帯なら、絶対に詰め込み放題で買った方が得なのは判るんですけど、これからも研究をしていこうと思っています。そんな、玉ねぎ連絡でした。笑http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/